logo

LinkedInモバイルアプリ、プライバシー上の懸念に応えてアップデート

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年06月07日 12時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LinkedInがユーザーに通知することなくユーザーデータを送信していたことが明らかになった翌日、同社はその行為を中止すると述べた。

 モバイルセキュリティ研究家Yair Amit氏とAdi Sharabani氏は、ユーザーが「iOS」版LinkedInアプリでカレンダーのオプトイン機能をいったん有効にすると、パスワードや会議メモといったユーザーのカレンダー入力情報がLinkedInサーバに自動的に送信されることを発見した。ユーザーに開示されていないこうしたデータ送信は、ユーザーから明示的な許可を得ずにユーザーのデータを収集および送信することを禁じるAppleのプライバシーガイドラインに違反する可能性がある。

 LinkedInの関係者は米国時間6月5日夜、同社は「会議データからの情報を使用して、ユーザーが会う人物のLinkedInプロフィール情報を照会し、その人物についてより多くの情報を得られるようにする」と説明した。

 しかし同社は6日、この行為を中止するようにアプリを変更すると発表した。

 同社のモバイルプロダクト部門を率いるJoff Redfern氏は6日、「今後はカレンダーイベントの会議メモセクションからのデータを送信しない」とブログに記した。同氏は、「Android」アプリはすでに更新済みであり、iOSアプリはAppleの承認を得るために提出済みだと述べた。

LinkedInのアプリから収集されたカレンダーの詳細 LinkedInのアプリから収集されたカレンダーの詳細

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したもので す。

-PR-企画特集