logo

「Ivy Bridge」搭載レッツノート--約1.33kg、最大約19時間駆動の12.1型モバイルPC

坂本純子 (編集部)2012年06月06日 12時35分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニック AVCマーケティング ジャパン本部は、モバイルノートパソコン「Let'snote」の2012年夏モデルとして「SX2」「NX2」シリーズを6月8日より発売すると発表した。

 店頭販売モデルでは、インテルの標準電圧版第3世代Core i5プロセッサを搭載。薄さ25.4mmのモバイルPCながらも、デスクトップPC並の処理能力を特長とする。また、春モデル「SX1」「NX1」で採用されたスマートフォン連携機能を標準搭載し、電源オフ時の給電や無線LAN経由でLet'snoteからスマートフォンにファイルにコピーできる機能などを備える。対応するスマートフォンなど詳細はウェブサイトに掲載されている。

 画面はいずれも12.1型液晶HD+(1600×900)。重さは、光学式ドライブ内蔵のSX2の場合、SSDモデルは約1.12kg(バッテリパックS装着時)~約1.33kg(バッテリパックL装着時)。HDDモデルは約1.18Kg(バッテリパックS装着時)~約1.39kg(バッテリパックL装着時)。光学ドライブなしのCF-NX2は、約1.12Kg(バッテリパックS装着時)~約1.33kg(バッテリパックL装着時)となっている。

 駆動時間は、SX2スタンダード(SSD)モデルがバッテリパックS装着時で約9.5時間、Lバッテリの装着で最大約19時間。SX2スタンダードモデルおよびNX2はバッテリパックS装着時で約9時間、Lバッテリの装着で最大約18時間。

 市場想定価格は、SX2のスタンダード(SSD)モデルが22万円前後、スタンダードモデルが20万円前後。NX2は19万5000円前後となっている。

 このほか、「SX1エントリーモデル」(16万5000円前後)もパワーアップして登場した。インテル Core i5-2450M 2.50GHzを搭載し、軽量バッテリでも約8時間の長時間駆動を実現した。

 なお、直販サイトマイレッツ倶楽部では、i7-3520M vProプロセッサなどが選べるカスタマイズモデルも用意されている。

 レッツノートシリーズは全機種、パナソニック神戸工場にて国内生産をしているという。今後も高品質な本格モバイルPCを追求していくとしている。


2012年夏モデル「SX2」「NX2」シリーズ

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集