logo

ソニー、「Cyber-shot」にプレミアムコンパクト機--1.0型の大型CMOSを搭載

加納恵 (編集部)2012年06月06日 13時34分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは6月6日、デジタルコンパクトカメラ「Cyber-shot」シリーズに、1.0型の「Exmor CMOSセンサー」を搭載した「DSC-RX100」を追加した。F1.8のカールツァイス「バリオ・ゾナーT*」レンズを搭載し、プレミアムコンパクトモデルとして販売する。発売は6月15日。店頭想定価格は7万円前後になる。

 有効2020万画素のExmor CMOSセンサーは1.0型(13.2 X 8.8mm)で、受光部面積は従来モデルに比べ約3.6倍になるとのこと。F1.8の明るいレンズと、レンズ、センサに最適化した画像処理エンジン「BIONZ」と組み合わせることで、高感度、低ノイズ撮影を実現する。

  • 「DSC-RX100」

  • レンズにはカールツァイス「バリオ・ゾナーT*」レンズ

  • フラッシュを内蔵する

 同社では大型のCMOSセンサを搭載することで、美しいボケ味が再現できるとしており、人物写真やマクロ撮影にも最適とのことだ。

 3.6倍の光学ズームに加え、独自の全画素超解像を使用すれば7.2倍までのズーム撮影に対応。合計13種類から選べる「ピクチャーエフェクト」、好きな効果を足し合わせる「マイフォトスタイル」など、デジタル一眼レフカメラ「α」同様の撮影機能を備える。撮影した画像をカメラ側が自動でバランスのとれた構図にトリミングする「オートポートレートフレーミング」も搭載した。

 液晶モニタは3.0型で、RGBの画素に白画素を加えた「WhiteMagic」ディスプレイを採用。画面の明るさを向上させることで、日差しの強い環境下でも画面を確認しやすいとしている。

 本体サイズは高さ58.1mm×幅101.6mm×奥行き35.9mmで、重量約240g(バッテリ、メモリカード含む)。AVCHD形式による1920×1080/60pのフルHD動画も撮影できる。

  • 天面操作部には電源オン、オフ、シャッターなどを装備

  • ムービー撮影は独立ボタンを用意

  • カードスロットはメモリースティック Duo、SDカードが使えるマルチスロット

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集