logo

Facebookユーザーの3人に1人が「退屈」--米調査

Lance Whitney (Special to CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 高森郁哉2012年06月06日 12時05分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookのユーザーを対象にした最近の調査で、利用者の34%で同サイトの利用時間が半年前より減少していることが明らかになった。彼らの熱が冷めたのはなぜだろう?

 34%のユーザーの一部は、Facebookが「退屈」「適切でない」「役に立たない」と回答したユーザーもいた。プライバシーに関する懸念は、理由として3番目に多く挙げられていた。

 Facebookユーザーのうち、わずか20%がより長い時間を費やすようになったと回答し、ほぼ半数はだいたい同じ時間を費やしている。Reutersと市場調査会社Ipsosが今回調査した1000人以上の米国人のうち、21%はFacebookアカウントを持っていないと回答し、残り79%がFacebookの利用状況について質問に答えた。

 対象者の40%強が、Facebookを毎日利用していると答えた。世代別にみると、最も利用が盛んなのは18~34歳のユーザーで、60%が毎日同サイトにアクセスしている。最も利用頻度が少ないのは55歳以上のユーザーで、毎日サイトにアクセスするのは29%にとどまる。

 だが、おそらくFacebookにとって同じく懸念されるのは、サイト上で宣伝される製品への拒否反応かもしれない。回答者の大多数を占める80%が、サイト上の広告やコメントを見て製品やサービスを購入したことはないと回答している。

 米国時間5月31日から6月4日にかけて実施された今回の調査では、米国在住の1032人から回答を得た。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]