ドコモ展示ブースにみる通信技術の拡大--ARやVRのライブ映像のやり取りも - 4/11

エースラッシュ2012年05月31日 17時09分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 将来的な実現を目指して実験中のものとして紹介されたのが「次世代グリーン基地局構想」だ。パナソニック モバイルコミュニケーションズとの共同開発品で、太陽光発電での単独運転も実施できるようにすることで災害時にも対応。長寿命かつ経済性の高いサイクル型リチウムイオン電池を電力バックアップとして採用している。
 現在はドコモR&Dセンター(YRP)内に試験局を1つ設置。リアルタイムの動作状況のモニタリングも展示された。2012年中には3局に増設し、来春をめどに関東甲信越地方を中心に10局程度の試験局が設置される予定になっている。
Scroll Right Scroll Left

 将来的な実現を目指して実験中のものとして紹介されたのが「次世代グリーン基地局構想」だ。パナソニック モバイルコミュニケーションズとの共同開発品で、太陽光発電での単独運転も実施できるようにすることで災害時にも対応。長寿命かつ経済性の高いサイクル型リチウムイオン電池を電力バックアップとして採用している。

 現在はドコモR&Dセンター(YRP)内に試験局を1つ設置。リアルタイムの動作状況のモニタリングも展示された。2012年中には3局に増設し、来春をめどに関東甲信越地方を中心に10局程度の試験局が設置される予定になっている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]