logo

ワイヤレスジャパン2012が開幕--話題の夏モデルや最新技術展示も

坂本純子 (編集部)2012年05月30日 12時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 国内最大級のワイヤレス&モバイル技術とソリューションの展示会「ワイヤレスジャパン2012」が開幕した。5月30日~6月1日まで東京ビッグサイトで開催される。17回目となる2012年の出展社数は180社、来場者数は5万5000人を見込む。入場料は無料。時間は10時~18時(最終日17時終了)。

  • 「ワイヤレスジャパン2012」が開幕

 2012年は、NTTドコモやKDDIの携帯電話夏モデルをはじめ、デバイスや部品、コンテンツに至るまでキープレーヤーが一堂に集結する。展示会場内には、スマートフォンとタブレット端末向けのサービスや技術が集まるブースが設けられているほか、有料および無料のカンファレンスが3日間に渡って開催される予定だ。

  • 「DIGNO DUAL」も体験できる

 京セラのブースでは、昨日の発表されたばかりのウィルコムの「DIGNO DUAL」も展示。DIGNO DUALは、PHS(音声)と3G(データ通信)のデュアル方式を採用したスマートフォンだ。さっそく自由に触れられるようになっている。

 数あるブースの中でも目立つのは、NTTドコモブースとKDDIブースだ。NTTドコモのブースでは、会話中に話題となった「水族館」などを映像化し、タブレットを活用してバーチャル水族館を体感できる「3Dライブコミュニケーションシステム」を展示。新感覚のコミュニケーションを体験できる。


「3Dライブコミュニケーションシステム」

 さらに、透過ディスプレイの両面にタッチパネルを搭載したスマートフォン、街角や自宅にある身の回りのディスプレイに、スマートフォンが取得した情報をTPOに合わせて自動表示する、ケータイとディスプレイの新しい連携スタイルなどが展示されている。

 KDDIブースでは、5月15日に発表した新サービス「ビデオパス」や「うたパス」を中心に、異なる複数の無線を束ねて、より高速で、安定した通信を実現する「リンクアグリゲーション無線技術」やかざすだけで大容量コンテンツを簡単に再生する「NFC×Wi-Fi連携システム」の体験展示など、最新技術も展示されている。


かざすだけで大容量コンテンツを簡単に再生する「NFC×Wi-Fi連携システム」の体験展示

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]