logo

[ブックレビュー]作業の短縮化、効率化に結びつく音声認識入力の最前線

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ダイヤモンド社
詳細:単行本 / 200ページ / ダイヤモンド社 / 価格:1680円 / 著者:鈴木清幸 / 発売日:2012/04/20 / 外形寸法 (H×W×D):19.5cm×14.0cm×2.2cm / 重量:0.4 kg
内容:身近にあったが、なかなか使いこなす機会がなかった音声認識入力。しかしその状況はSiriの登場により一変した。作業時間の短縮や作業効率の向上に結びつく、音声認識入力とは?
Amazon.co.jpアソシエイト

 iPhoneのSiriの登場により、一気に利用者が増えた感のある音声認識入力。しかしSiri以前から、iPhoneでは「音声認識メール」というアプリで音声認識入力が可能だった。その驚異的な認識精度を誇る音声認識エンジンが「AmiVoice(アミボイス)」だ。今や、AmiVoiceの応用範囲は拡大し、一般ユーザーのみならず医療現場やコールセンターなどでも利用されている。その音声認識技術の現在だけでなく、未来までも予想するのが本書だ。

 音声入力をやったことがある人なら分かると思うが、慣れないうちは恥ずかしい。しかし、話すことに慣れてしまえばこれほど楽なことはない。まして一度話したことを、再度思い出して文字にする作業の場合、話したことがそのまま文字になると、単純に考えて作業時間は半減する。先に挙げた医療現場やコールセンターなど、大量の情報を正確に残すことが必要な仕事では、音声認識入力の威力は絶大なようだ。

 一般ユーザーの場合、大規模なエンジンは不要かもしれない。しかしiPhoneがあれば、「音声認識メール」でAmiVoiceを手軽に利用できる。つまり、音声入力が実用的かどうかを簡単に確かめられるのだ。メールの作成やソーシャルネットワークサービス(SNS)への投稿といった気軽なものから、議事録といった文書作成まで、意外に使える場面が多いことに気づくだろう。そして、企業内での導入事例などが気になったら本書が参考になるだろう。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]