logo

外国でやってはいけないハンドサイン--トリップグラフィックス

佐藤和也 (編集部)2012年05月27日 10時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」の、旅をテーマにしたインフォグラフィックス専用サイト「トリップグラフィックス」の第33回では、外国でタブーとされているハンドサインをまとめている。

 例えば、ピースサインといえば万国共通のような気がするが、ギリシャでは、かつて犯罪者に2本指で物を投げたことから、侮辱の仕草とされている。また親指と人差し指で円をつくるOKサインも、フランスでは数字のゼロを表し、人に向ければ役に立たないものを表すとされ、これも侮辱の仕草と受け取られてしまう。小指を立てて「彼女は可愛いな」などと言うのも、例えば中国では一番小さい小指は「最も小さい、できの悪い人」を表すサインとされているため、失礼にあたる。

 日本で何気なくやっているハンドサインでも、一歩外国に出ればタブーとされているものが多く、訪問先の人々を不快にさせない意味でも、また旅行の安全という意味でも、基本的なタブーを知っておくといいだろう。

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集