logo

FDK、5年後でも残存率約70%の長寿命充電池

加納恵 (編集部)2012年05月22日 14時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 FDKは5月21日、満充電から5年経過しても、約70%の残存率を実現するニッケル水素充電池「富士通 充電池」を発表した。現行商品「ハイドロパワー」の後継機種として発売する。

  • 「富士通 充電池」シリーズ

 電池容量1900mAhの単3形と750mAhの単4形、専用充電器を販売する。繰り返し充電は約1800回可能で、低温環境下でも使用できるという。

 ラインアップは単3形の2本パック(店頭想定価格:880円前後)、4本パック(同:1580円前後)、単4形の2本パック(同:780円前後)、4本パック(同:1380円前後)と、単3形4本と充電器のセット(同:2880円前後)、充電器(同:1480円)となる。

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集