logo

ネット犯罪がテーマの映画「サイバーゲドン」--米Yahoo!が独占公開

佐藤和也 (編集部)2012年05月22日 16時36分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アメリカの人気テレビドラマ「CSI:科学捜査班」シリーズの制作者であるアンソニー E. ズイカーと、同氏が立ち上げた制作会社Dare to Pass、Dolphin Digital Mediaは、急増するネット犯罪をテーマにした映画「サイバーゲドン」を制作中。作品は米Yahoo!が世界に向けて独占配信を行う。

 この映画では、進化するネット社会における個人情報の盗難や安全性の弱点が描かれる。制作には、シマンテックの専門家チームが協力。ネット犯罪の捜査や告発などの技術的側面についての見解や情報を提供し、デジタル関連の犯罪からいかに身を守るかという点において、現実性の高い作品となっている。

 監督には「ゼロアワー」のディエゴ ヴェラスコ、ネット犯罪者のグストフ ドブレフ役に「運命の女」で知られるオリヴィエ マルチネス、FBIエージェント クロエ ジョセリン役に「ルーキーブルー 新米警官奮闘記」のミッシー ペレグレムを起用している。

 本作は現在カナダのトロントで制作中。次世代の犯罪フィクション(2.0バージョン)として、2012年9月に米Yahoo!のサイト上にてシリーズ作品として公開予定。なお本作の情報はTwitterfacebook(ともに英語)にて提供されている。

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集