logo

コンプガチャ、景表法に抵触--7月から規制を明確化

岩本有平 (編集部)2012年05月18日 14時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「コンプリートガチャ(コンプガチャ)」は景品表示法に抵触――松原仁消費者行政担当相が5月18日の記者会見で一連のコンプガチャに関する騒動に対して言及し、景表法に抵触するという法律の運用基準を明確にし、7月1日より規制する。(追記:消費者庁の正式な発表はこちら

 消費者庁 表示対策課 課長の片桐一幸氏に確認したところ、コンプガチャが景表法上禁じられている「カード合わせ」に該当するという見解だという。実際にコンプガチャが景品表示法違反として執行されるのは7月1日から。それ以前に問題となったコンプガチャについては遡及(そきゅう)しない。同庁ではこれに向けて景表法の運用基準を改正する。同時に、5月18日より景表法の運用に関するパブリックコメントを募集する予定。

 消費者庁では一連の騒動以降、実態把握に向けてプラットフォーム事業者などとも話し合いを持っており、今後も意見を聞いていくとしている。

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集