logo

富士通テン、DS連携で子供を退屈させないカーナビ

加納恵 (編集部)2012年05月16日 16時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通テンは5月16日、ECLIPSEブランドから6機種のメモリーナビを発表した。9型の大画面モニタを採用し、「ニンテンドーDS」と連携して使える「AVN-ZX02i」などをそろえる。発売は7月上旬。

  • 「AVN-ZX02i」

 最上位機となるAVN-ZX02iは7型モデルに比べ、画面サイズが約1.8倍になる9型の大画面液晶モニタを採用。地図表示エリアを拡大したほか、画面上の文字やボタンを大きく表示することで、わかりやすさを向上させているという。

  • 「クルマでDS」の仕組み

 モニタには、前面にセンサを設置し、光量に応じて色や明るさの濃淡、コントラストを自動補正するLSI「Vivid View Processor(ヴィヴィッドビュープロセッサ)3」を搭載。太陽光などの反射によって画面が白っぽくなってしまう時も視認性をアップさせ、ドライブをサポートする。

 本機にはニンテンドーDSと連携して使える「クルマでDS」を装備。これは付属されているDSカードを、ニンテンドーDSに装着すると利用できるというもの。DSカードにはBluetoothモジュールが内蔵されており、カーナビと通信することでゲームなどが楽しめるという。

 DS側ではカーナビの位置や地図情報を認識しているため、現在走行している場所にちなんだクイズが出題される「ご当地クイズ」、観光案内をしてくれる「観光案内」などのサービスを用意する。

  • 「AVN-V02」

 富士通テンでは「長距離ドライブ中に子供に退屈してほしくないと考えている親は94%にも上る。子供が持っているDSと連携させることで、子供に楽しんでドライブしてもらえるようにした」としている。

  • 「AVN112M」

 モニタ部はタッチパネル操作に対応し、フリックやドラッグ操作に対応。ドライバーの視界を確保する小型フィルムアンテナを採用する。店頭想定価格は22万円前後。7型モニタを採用した「AVN-Z02i」(店頭想定価格:18万円前後)もラインアップする。

 ハイコストパフォーマンスモデルとして、クルマでDS機能を省いた「AVN-V02BT/V02」(同:16万円前後/14万円前後)を用意。いずれも7型モニタを採用する。上位機のV02BTのみBluetooth機能を備える。

 AVN-ZX02i/Z02i/V02BT/V02は、地図メディアとして16GバイトのSDカードを使用。フルセグ、ワンセグチューナを内蔵したほか、DVD再生も可能だ。

 AVN112MBC/AVN112M(同:9万円前後/7万5000円前後)は、8GバイトのSDカードを地図メディアに採用したエントリーモデルだ。ワンセグチューナを内蔵し、AVN112MBCにはバックアイカメラが同梱される。

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集