セガ、フリック入力練習用アプリ「ゾンビ打 FLICK OF THE DEAD」を配信

佐藤和也 (編集部)2012年05月10日 11時32分

 セガは5月10日、iPhone向けフリック入力練習用アプリ「ゾンビ打 FLICK OF THE DEAD」の配信をApp Storeにて開始した。対応機種はiPhone 4以降、第4世代iPod touch。 価格は85円だが、5月27日までオープニングセール価格として無料。アプリ内課金制となっている。

 「ゾンビ打 FLICK OF THE DEAD」は、同社から発売されているPC用タイピング練習ソフト「THE TYPING OF THE DEAD」のフリック入力にアレンジしたもの。ガンシューティングゲーム「THE HOUSE OF THE DEAD」の世界観の中で、出題された文字をフリック入力することによって、ゾンビを撃破していく内容。

 出題ワード数として2万5000問以上を用意。シナリオを追いながらプレイを進める「シナリオモード」のほか、 とことん練習したい人向けの「ドリルモード」や「ボスモード」なども用意され、Apple「Game Center」のランキングにも対応している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]