logo

機能性と使い勝手が良いメモアプリ「ワンパンチ・メモ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アプリ名:ワンパンチ・メモ(Ver.1.972)
金額:無料(2012年5月18日時点)
カテゴリ:ツール
開発:Breadu Soft
使用端末:INFOBAR A01
おすすめ度:★★★★☆

  メモアプリは、スマートフォンアプリの中でも定番ジャンルの1つ。それだけに、Google Play内には多種多様なメモアプリが存在するが、スタンダードなテキストによるメモに、機能性と使い勝手を求めるなら、「ワンパンチ・メモ」をお勧めしたい。

キャプション
メモは日付やタイトル順で並べ替えられるほか、フォルダ毎に見やすく表示することができる

 ワンパンチ・メモの特徴の1つは、保存したメモを整理・分類しやすくできること。メモ一覧を作成日時やインデックスで並べ替えられるのはもちろんのこと、より便利なのがフォルダ機能。メモ入力中に画面左上のボタンを押してから保存先フォルダを選ぶことで、そのメモを仕事やプライベートなどの内容別に分類。後から確認しやすくできるのだ。万が一、目的のメモがどこにあるか分からなくなってしまった場合でも、キーワードを入力してメモ内容を検索する、全文検索を利用すれば簡単にメモを見つけられるだろう。

 次の特徴は、チェックリスト機能が用意されていること。メモ一覧でボタンを押すとチェックボックスが現れ、用事の済んだものにチェックを付けていくことで、メモをToDoリストとして扱うことができるのだ。しかもワンパンチ・メモは、Googleカレンダーの内容を取り込み、メモとして表示できる機能も備えている。これとチェックリスト機能を併用すれば、Googleカレンダーの内容をToDoとして扱うことが可能になる。

 そして3つ目の特徴は、1つ1つのメモを付箋のごとく、ウィジェットとしてホーム画面に設置できることだ。すでに登録してあるメモの内容を、そのままウィジェットとして置いておけることから、付箋用に改めてメモを書く必要がないので便利だ。ちなみにウィジェット設置時にはそれぞれのメモに背景色が設定可能であり、それぞれのウィジェットに異なる色を設定し、メモをより見やすくできる。

 他にも、メモにパスワードロックをかけて他の人から見られないようにしたり、一定時間後にメモした内容をアラームで通知したりできる機能が提供されているほか、メモの内容をパソコンや他のアプリで利用できるよう、SDカードにインポート・エクスポートする機能も用意、単なるメモにとどまらない利便性を備えている。メモをもっと幅広い用途に活用したいと考えているなら、ぜひ活用したいアプリだ。

  • メモ作成中に左上のボタンを押すことで、メモをフォルダに分類することが可能。必要なフォルダもこの時に作成できる

  • メモにチェックボックスを付けて、ToDoリストのように扱うことも可能だ

  • Androidに登録しているGoogleアカウントと連動し、Googleカレンダーの内容をメモに表示できる機能も用意

  • メモをウィジェットとして、ホーム画面上に設置することも可能。メモを付箋のように扱える

  • ウィジェットとして設置した時の背景色は、メモ作成時に指定することができる

>>「ワンパンチ・メモ」のダウンロードはこちらから

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集