logo

アップル、「iOS 5.1.1」を公開--「AirPlay」利用時の問題などを修正

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 高橋朋子2012年05月08日 11時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleが「iOS」プラットフォームのアップデートを公開した。

 Appleが米国時間5月7日にリリースした「iOS 5.1.1」では、「AirPlay」を使った動画再生に関連する問題、およびユーザーがデバイスから商品を購入した後に「Unable to purchase」(購入できません)というエラーメッセージが出る問題が修正された。また、最新の「iPad」で2Gと3Gネットワークの切り替えができない問題も修正されている。

 iOS 5.1.1は、「iOS 5.1」からわずか2カ月後の公開となった。先のアップデートでは、多くのバグ修正といくつかのインターフェース改良が行われたほか、次の「iPhone」が4G LTEをサポートする可能性も示唆された。また、iOS 5.1によってバッテリの持続時間が改善したとの報告もある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]