logo

Rovio、Facebook版「Angry Birds」にゲーム共有機能を追加

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫2012年05月05日 12時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Angry Birds」の開発元Rovio Entertainmentは、同ゲームのFacebook版に新機能を追加した。これにより、ウェブ上のさらに多くの場所でこのゲームを目にすることになるだろう。

 「Share & Play」と名付けられたこの機能を利用すると、他のユーザーのFacebookタイムラインやブログ、ウェブページにAngry Birdsで達成したレベルを埋め込むことができる。埋め込まれたゲームを見かけた人は、そのページ上ですぐにプレイできる。ゲームのインストールは不要だ。さらに、Facebookを介して共有されてはいても、プレイするためにFacebookにログインする必要はない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集