logo

Digg、The Washington Postへの身売りを検討か

Josh Lowensohn (CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年05月01日 12時13分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Diggが身売りを交渉中といううわさが、再び流れている。Diggは、ほかのユーザーやメディア企業がウェブに投稿した記事の順位を、ユーザーが投票で決められるサービスを提供する。

 The Next Webによると、The Washington PostがDiggに関心を抱いているという。

 The Next Webは「複数の情報筋による話」として、Diggの身売り先としてThe Washington Postが浮上しており、同サイトがWaPo Labsグループに組み込まれるだろうと報じている。WaPo Labsグループは現在、Facebookアプリケーションの「Social Reader」など、独自のソーシャルニュースプロジェクトを提供している。

 情報に精通した読者なら、これが大企業によるDigg買収に関する一連の報道の最新ニュースであることに気づくかもしれない。元米国副大統領のAl Gore氏が提示した1億ドルの買収提案が実現していれば、DiggはGore氏のCurrent Mediaの一部になっていただろう。また、Googleによる2008年の買収提案は結局実現しなかったが、Diggの価値を約2億ドルと見積もっていた。一部報道によると、Googleは最終段階になってその買収案件から手を引いたという。当時、Microsoftと未確認のメディア企業2社もDiggの買収を検討しているとうわさされた。

 更新情報:TechCrunchが、Washington PostがDiggチームを雇い入れたものの、「サイトや技術」を買収したわけではないと報じている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集