logo

ドコモ決算、8期ぶりの増収増益--iPhoneの導入は「現状だと厳しい」

坂本純子 (編集部)2012年04月27日 20時27分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは4月27日、2012年3月期の通期連結決算を発表した。スマートフォン販売数の増加とパケット収入の増加により、8期ぶりの増収増益となった。

  • 2011年度決算と2012年度業績予想の概要

 2011年3月期の売上高(営業収益)は前年度比0.4%増の4兆2400億円、営業利益は同3.5%増の8745億円、純利益は同5.4%減の4639億円となった。純利益のマイナスは、2011年に行われた税制改正基づき、繰延税金資産410億円を取り崩したことによるものという。

 スマートフォンの販売数は882万台で前年比3.5倍に増加。それに伴い、パケット収入も同8.8%増の1兆8439億円となった。Xi(クロッシー)の販売数は230万台で前年比87.9倍、純増数は同10%増の212万で、携帯電話契約数は6000万を突破した。「PDCの停波があったが、それを含んだ数字」という。

  • NTTドコモ代表取締役社長の山田隆持氏

 2011年末のmova残存数は5.6万、DoPaは10.3万で、FOMAやXiへの移行を促した結果、想定を下回る16万契約だったとした。NTTドコモ代表取締役社長の山田隆持氏は、「20万ぐらい残るかなと思っていたが、よかったのではないか。2011年度の累計解約率は0.60%だが、PDCの停波がなければ0.58%の解約率」とした。

 2011年を振り返り、トピックとして(1)災害の復旧と災害対策、(2)お客様満足度向上、(3)スマートフォンの推進、(4)総合サービス企業に向けた取り組み、(5)一連の通信障害への対応──の5つを挙げた。「2011年度は今後の成長のための原動力を出せた年。反省点は一連の通信故障」という。3月末でひととおりのネットワーク基盤の強化は終わったとしているが、4月末に完了する作業も残っているという。今後もスマートフォン5000万台にも耐えうるネットワークづくりをしていくとした。

  • 2011年度事業運営のトピック

  • 営業利益の主な増減要因(前年比)

  • 営業利益の推移(2010年度~2011年度)

  • 携帯電話収入(音声収入とパケット収入)

  • 総販売数

  • 純増数

  • 株主還元

  • FOMA/Xiへのマイグレーション

  • 純増数拡大に向けた取り組み

2012年度は端末価格を実質1万円から1万5000円に--iPhoneと競争へ

  • ドコモスマートフォン販売シェア

 2012年の業績予想は、営業利益として9000億円を見込む。パケット収入は前年度比+12.3%増の2万710億円という。2012年は「総合力で競争に対応していきたい」と意気込む。その1つの戦略は端末の価格だ。ドコモの調査によれば、MNPした人に調査をしたところ、iPhoneを使いたかったという人は20%弱。80%強は価格が安い、キャッシュバックがあるといった理由だったという。

 「基本的に価格の値下げ合戦の泥沼にはまりたくないと思っているが、お客様の一番大きなところは価格」と山田氏は言う。「今まで月々サポートによりお客様に買っていただく金額は実質2万円から2万5000円だった。今年度は1万円から1万5000円にしたいと思っている。ということは、月々サポートを増額するということ。例えば、iPhone 4S 16Gは実質ゼロ円。32Gバイトだと1万円ぐらい、そういうところと競争するようにしたいというのが大まかな流れ」とし、月々サポートにより値引いていく考えを示した。

 なお、ドコモでは、5月中旬にも新ラインアップを発表予定という。ラインアップはほとんどがスマートフォンで、フィーチャーフォンはキッズ向けケータイなど一部という。スマートフォンのうち、7割がXi対応、冬モデルには「Xiが当たり前」というラインアップにするとした。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]