logo

情報処理学会とグリー、プログラミングコンテスト「SamurAI coding」開催

田中好伸 (編集部)2012年04月27日 17時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 情報処理学会(IPSJ)とグリーは4月27日、若手エンジニア向けプログラミングコンテスト「IPSJ International AI Programming contest“SamurAI coding”」の開催を決定した。

 ネット産業の発展によるエンジニアの質と量の確保が重要となる中で、若い世代から将来第一線の研究者や開発者になりうる、世界市場を舞台に活躍できる人材を育てることを目的にしている。

 SamurAI codingは、ゲームをテーマにしたプログラミングを対戦型で競う。世界各国から25歳以下のエンジニアが対象。7月から世界4地域で予選を開催、残ったチームが12月9日の決勝に進む。

 IPSJは、ネット関連の激しい技術とビジネスの変革に対応できる学生と若手エンジニアの育成強化が急務と考え、コンテストの開催を決定してる。グリーは多くのエンジニアの育成にかかわるべく、SamurAI codingの開催に協力するとしている。

写真 情報処理学会会長の古川一夫氏(左)とグリー代表取締役社長の田中良和氏

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]