logo

有力VC企業の幹部、生涯報酬の半分以上を寄付すると公約

Daniel Terdiman (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦2012年04月26日 12時13分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シリコンバレーのベンチャーキャピタル企業Andreessen Horowitzは米国時間4月25日、同社のゼネラルパートナーらがベンチャーキャピタル事業で得る生涯報酬の少なくとも半分を慈善団体に寄付すると発表した。これにより同社の幹部は、Bill Gates氏、Mark Zuckerberg氏、Warren Buffett氏など、すでに同様の慈善目的の寄付を行っている人たちの仲間入りを果たすことになる。

 The Wall Street Journalの25日付の記事によると、Andreessen Horowitzの6名のゼネラルパートナーはただちに寄付を開始するという。

 この取り組みの端緒として、Andreessen Horowitzの創業者であるMarc Andreessen氏は、同氏と他の5名のパートナー(Ben Horowitz氏、Jeff Jordan氏、John O'Farrell氏、Scott Weiss氏、Peter Levine氏)が、総額100万ドルをただちにシリコンバレーに関連する6つの非営利団体に寄付すると発表した。対象となる非営利団体には、飢餓の解消を目指すSecond Harvest Food Bankやホームレスの問題に取り組むShelter Networkなどがある。

 これまでも詳細に報じられてきたように、Gates氏、Zuckerberg氏、Buffett氏からBarry Diller氏、Larry Ellison氏、Carl Icahn氏まで、世界有数の資産家の多くが「The Giving Pledge」(寄付の誓い)に署名し、生涯資産の少なくとも半分を寄付すると公約している。

 だが、大手ベンチャーキャピタル企業の幹部が同様の公約を発表したのは今回が初めてだろう。Andreessen Horowitzのパートナーらの公約は生涯資産の半分を寄付するという話ではないかもしれないが、彼らが寄付先として選んだ慈善団体の資金を潤沢にする手助けとなるのは間違いない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]