logo

ソニー、5Gバイトの無償クラウドサービス「PlayMemories Online」を開始

加納恵 (編集部)2012年04月20日 16時48分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは4月20日、撮影した動画、静止画をクラウド経由で手軽に共有できる「PlayMemories Online」のサービスを開始すると発表した。提供開始は4月25日。5Gバイトのストレージスペースが用意される。利用は無料。一部閲覧を除き、ネットワークサービスプラットフォーム「Sony Entertainment Network」のIDが必要になる。

  • スマートフォンではPlayMemories Onlineアプリをインストールするとシャッターを切るだけでアップロードできる

 スマートフォンやタブレット端末、PCなどの機器から静止画や動画をアップロードでき、閲覧、共有はWi-Fi対応のデジタルフォトフレーム「S-Frame」、液晶テレビ「BRAVIA」からも可能。

 アップロードした静止画、動画は、メールで友人や家族に通知し、直接PlayMemories Onlineにアクセスしてもらうことで閲覧ができる。その際静止画や動画は、閲覧する機器に応じてサイズやファイルが変換されるため、機器に合わせた解像度、画像サイズで提供されることが特長だ。

  • 写真とテーマを選ぶだけで、ポストカード送信も可能だ

 BRAVIAからの利用は録画機能モデルを除く2011年以降の発売モデルに限られ、S-Frameからは静止画のみの閲覧になる。BRAVIA、S-Frameともに、利用開始時期は2012年春を予定。

 スマートフォンやタブレットから利用するには、PlayMemories Onlineアプリが必要になり、Google Play、App Storeから無償でダウンロードができる。PCから利用する際は、ソニーのデジタルカメラやビデオカメラの画像、編集用PCソフト「PlayMemories Home」を、バージョンアップすることで使用できるようになるとのこと。PlayMemories Homeユーザー以外でもウェブブラウザからの利用が可能だ。

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集