logo

ノキアの「Lumia」フォン、アップルとAndroidを前に欧州で苦戦

Lance Whitney (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年04月18日 12時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Nokiaの「Lumia」フォンが、Appleと「Android」が優位に立つ市場での販売争いで、すでに苦戦を強いられている。

 欧州の主な通信事業者4社はReutersに対し、Lumiaスマートフォンは「iPhone」やSamsungの「Galaxy」と競争するだけの力を持っていないと語った。その結果、通信事業者は競合する製品を押しのけてまでLumiaを勧める気にならないようだ。

 Reutersが引き合いに出したフランスの携帯電話ショップでは、Lumiaのモデルは目立つ場所に展示されず、ある販売員は見込み客に、NokiaのデバイスではなくiPhoneやさまざまなAndroidフォンを勧めていた。

 顧客の認識度が低い点もNokiaにとっては痛手だ。


提供:Josh Miller/CNET

 「店に入ってWindowsフォンを求める客はいない」と、欧州の通信事業者のある幹部はReutersに述べた。

 Lumiaのラインナップは欧州の販売現場では冷遇されているが、米国では「Lumia 900」が好調のようだ。

 AT&Tが通信事業者となるこのスマートフォンは4月第2週、Amazonのモバイルフォンのベストセラーリストの首位に立った。AT&Tのアウトレット店とオンラインストアの一部では、すでに在庫を切らしている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]