logo

次期Windowsの正式名称は「Windows 8」に--エディションは4種類

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2012年04月17日 11時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国時間4月16日、x86/x64版「Windows」の次期バージョンの名称が「Windows 8」に正式に決まった。そして、SKU(Stock Keeping Unit)は4種類のみになる。

 Windows Team Blogへの投稿によると、x86/x64プロセッサ向けにはそれぞれ「Windows 8」と「Windows 8 Pro」の2種類のWindows 8が用意されるという。

 Windows 8はコンシューマー向けSKUで、アップデートされた「Windows Explorer」と「Task Manager」、改善されたマルチモニタサポート、「オンザフライで言語を切り替える」機能(これまではWindowsの「Enterprise Edition」および「Ultimate Edition」を購入したユーザーにのみ提供されていた)が含まれる。

 Windows 8 Proは、テクノロジマニアやビジネスおよび技術分野のプロフェッショナルを対象としており、暗号化や仮想化、PC管理、ドメイン接続などの機能を追加する。「Windows Media Center」 は「Media Pack」というアドオンとして、Windows 8 Proに提供される予定だ。

 Microsoftはどの機能がどのSKUに搭載されるのかについて、機能チャートを公開している。

 Microsoftは、ARM版Windows(WOA)には「Windows RT」という名前をつけた。このWindows RT版の対象となるのはWOAタブレットおよびPCのみである。このことは、IntelおよびAMDプロセッサ上で動作するWindows 8には先述した2種類のSKUのルールが適用されることを意味すると筆者は推測している。したがって、2012年中に登場予定のそうしたデバイスを買いたいと思っている人は、Windows 8かWindows 8 Proのいずれかを入手することになるだろう。

アップデート:Windows SuperSiteでPaul Thurrott氏が述べているように、SKUは4種類ある。Windows 8の「Enterprise SKU」も存在する。

 Windows Team Blogの16日付けの投稿には、末尾に次のような記述がある。

 「これまでのバージョンのWindows同様、Software Assurance契約を結んだ企業顧客に向けたWindows 8のエディションも用意する予定だ。Windows 8 Enterpriseは、Windows 8 Proの全機能に加え、PCの管理と配備、高度なセキュリティ、仮想化、新しいモバイルに関するシナリオなどを可能にするIT部門向け機能を備える。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集