logo

ヤマハ、ホームシアターパッケージに追加できるスピーカ

加納恵 (編集部)2012年04月16日 14時56分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤマハは、ホームシアターパッケージ「YHT-S401」「YHT-S351」向けの別売オプションセンタースピーカ「NS-C705」とサラウンドスピーカ「NS-PB40」を発表した。発売は4月下旬。店頭想定価格はNS-C705が9000円前後、NS-PB40が8000円前後になる。

  • 「NS-C705」

 NS-C705は、コンパクトスピーカとアンプ内蔵サブウーファから構成されるYHT-S351用のセンタースピーカ。5.5cmウーファ2本と2.5cmバランスドームトゥイータを組み合わせた2ウェイ3ユニット構成で、セリフやヴォーカルを力強く再生できるとしている。

 サイズは幅190mm×高さ111mm×奥行き105mm(スタンド装着時)で、重量は0.92kg。ブラケットの付け替えで縦置きにも横置きにも対応するツインキュービックスタイルを採用する。

  • 「NS-PB40」

 NS-PB40は、YHT-S351に加え、3.1chのサウンドバーとアンプ内蔵サブウーファ部から構成されるYHT-S401とも組み合わせて使えるサラウンドスピーカ。2台1組で7cmフルレンジユニットを内蔵する。

 高さ176mm×横112mm×奥行き116mm、重量590gの軽量、コンパクト設計で、壁掛け設置や別売スタンドによる床置きも可能だ。

 ヤマハでは、NS-C705/NS-PB40を増設後、YHT-S401、YHT-S351の音質・音量設定をリアル5.1chシステム用に最適化して、より臨場感の高いサラウンド再生を実現するための専用ファームウェアをヤマハホームページにて無償公開している。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]