logo

インテル、「Ivy Bridge」を米国時間4月23日に発表か

Brooke Crothers (CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年04月13日 08時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Ivy Bridge」チップ最初の発表が米国時間4月23日になる見込みであるという情報を米CNETが入手した。

 米CNETはこれまで、発表は4月23日から29日の間になる予定だという情報を入手していた。しかし、Intelの計画に詳しいある業界情報筋は12日、最初の発表は4月23日になる予定だと述べた。

 Ivy Bridgeは、Intelの次期メインストリームチップ最初の製品で、グラフィックスおよびマルチメディア処理が強化されている。

 事前ベンチマークでは、同チップの優れたグラフィックス性能がこれまでのIntel製品との比較で示されている。

 Ivy Bridgeは、新しい3Dトランジスタを採用する初めてのIntelチップでもあり、また、(コンパニオンチップセットにおいて)USB 3.0を初めてサポートする。

 Appleがより薄型の15インチモデルの「MacBook」と13インチのMacBookを今後数カ月のうちに発売するとうわさされている。これらのシステムには、電力効率が改良されたIntelのIvy Bridgeチップが搭載されるものと思われる。

 また、Hewlett-Packard、Dell、ソニー、東芝、Acer、およびASUSが、システムのアップデートまたは新システムの発表を行う予定である。これらのシステムは多様なノートPCの形態をとるが、ますます多くのシステムが薄型になると見込まれている。多くのより高性能なシステムまでもが、よりスリムな筐体になると予測されている。これらのノートPCは一般的に、NVIDIAなどのサプライヤーが提供する独立したグラフィックスチップを利用する。

 最初のIvy Bridgeは2012年4月に発表されるが、投入は順次行われるようである。Intelにおいてこれまでもそうであったように、クアッドコアチップがまず登場し、その後、ウルトラブックや「MacBook Air」に搭載される最も電力効率の高いプロセッサが提供される。

 2012年に入って遅延が報じられたことを受けてIntelは、電力効率の高い一部のモバイル製品のリリースは当初の計画よりも数週間遅れる可能性があると述べていた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]