logo

PCレスで初期設定--デジカメ画像をスマホへ転送できる「Eye-Fi」に新パッケージ

坂本純子 (編集部)2012年04月10日 17時53分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アイファイジャパンは4月10日、NTTドコモとのパートナーシップによる第一弾となる製品「Eye-Fi Mobile X2 4GB for ドコモ」を4月13日に発売すると発表した。市場想定価格は5980円で、従来の「Connect X2 4GB」と同じ。

  • 「Eye-Fi Mobile X2 4GB for ドコモ」

 Eye-Fi Mobile X2 4GB for ドコモは、無線LAN内蔵メモリカード「Eye-Fiカード」で撮影した写真をAndroid搭載スマートフォンへ転送するための初期設定が簡単に行える「スマホかんたん設定」を搭載した。

 これまでPCを使って行っていた初期設定をPCなしで行えるのが特長だ。今回のEye-Fiカードは、ダイレクトモードが使えるよう初期設定がされており、従来のEye-Fi X2カードシリーズとは工場出荷状態が異なるという。ただし、一度設定してしまえば機能は同じだ。

 パッケージにはドコモのロゴが入っているほか、中の設定ガイドは「for ドコモ」としてはいるが、Android 2.2以上の端末であればどのキャリアの製品でも利用可能。

  • 今回のパッケージのみに同梱される「スタートカード」

 スマホかんたん設定を利用するには、まずスマートフォンからEye-Fi AndroidアプリをGoogle Playからダウンロードする。その後、今回のパッケージのみに同梱される「スタートカード」に記載された10桁の認証キー、メールアドレスとパスワードを入力すると初期設定が終了し、Eye-Fiカードとスマートフォンがペアリングされるしくみだ。

NTTドコモが写真や動画領域で目指すこと

  • NTTドコモが写真や動画領域で目指すこと

 NTTドコモと米Eye-Fiは2月29日、業務提携で合意した。NTTドコモは、米Eye-Fiが呼びかけた総額約2000万ドルの出資募集に対して、約1400万ドルを出資したことを明らかにした。

 NTTドコモ向けに特化した機能としては、Eye-Fiカードからフォトパネルに写真を自動送信できる「お便りフォトサービス」の対応があるほか、製品をドコモショップなどドコモの流通網で販売する。

 「今後は両者で検討し、ドコモのサービスとアイファイの機能をより融合させて、写真をより楽しめるサービスを作っていく」(NTTドコモ ユビキタスサービス部長の高原幸一氏)とした。

  • Eye-Fiの創立者であるユーバル・コーレン氏

 今回の発表にあたってはEye-Fiの創立者であるユーバル・コーレン氏が来日。2008年から数多くのカメラメーカーと連携し、写真の楽しみと管理、共有サービスの実績を積み重ねてきたことをアピールした。2012年には新たにパナソニック製品との連携も果たしている。

 昨今では、Eye-FiカードのようにWi-Fi機能を搭載したSDカードやカメラそのものにWi-Fi機能が搭載された製品も登場している。

 2012年1月、SDカードの標準規格を策定する団体「SD Association」(以下SDA)が、“新しい無線通信標準規格”をメモリカードに追加すると発表し、それに対してEye-Fi側が異議を申し立てた。その後について、「喜ばしいことに(同社の)知的財産権をレビューしていただいている状態」(ユーバル・コーレン氏)と語った。

  • Google Playでのアプリダウンロード状況も好調という

  • 左から、高原幸一氏、ユーバル・コーレン氏、アイファイジャパン代表取締役の田中大祐氏


Eye-Fiカードラインアップ

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]