logo

YouTube、3D動画への変換機能を一般視聴者に提供

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 福岡洋一2012年04月06日 09時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オンライン動画サイトのYouTubeは2011年、動画の作成者が自分のクリップを3Dに変換できるようにした。さらに今回、一般の視聴者にも同じことができる機能を用意した。

 YouTubeは米国時間4月5日、ユーザーが同サイトで特定の1080pの3D動画にアクセスすると、Quality(品質)設定メニューの隣に3Dオプションが表示されるようにしたと発表した。これをクリックすると動画は自動で3Dに変換される。ユーザーはおなじみの3Dメガネをかけて視聴することになる。

 3D効果を機能させるためにYouTubeは「色、空間配置、動きなど、動画を構成する多数の要素を解析して、モノスコピックの動画シーケンスにおけるフレームごとの奥行きマップを推定」する。また、YouTube上にある実際の3D動画も参考にして適切な奥行きのヒントを得る。こうした情報が全てそろったところでYouTubeは奥行きマップを作成し、最終的に動画を3Dに変換する。


ユーザーはおなじみの3Dメガネをかけて視聴する(提供:CBS Interactive)

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集