logo

アマゾン、アプリ内課金をテスト中--米報道

Roger Cheng (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 高森郁哉2012年04月04日 10時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Amazonはアプリストアの可能性を広げているのかもしれない。

 Amazon.comは現在、利用者がモバイルアプリケーションを通じて追加のサービスや機能の代金を支払うことを可能にするサービスの試験提供を行っている。こうしたサービスは、「アプリ内課金」と呼ばれる新興のビジネスだ。

 このサービスは現在、フィットネスのプログラムを販売するSkimbleによってテストされている。Bloombergによると、Skimbleは約1カ月間このパイロットプログラムに参加しているという。

 こうした動きにより、Amazonはモバイルの世界でAppleおよびGoogleと一層直接的に競合する可能性がある。Amazonはすでに、GoogleのOS「Android」向けに、競合するアプリストアを提供している(Appleの「App Store」は、社外のベンダーにアプリ内課金を許可していない)。この機能はまた、Amazonのタブレット「Kindle Fire」の有用性と販売を拡大させる可能性がある。Kindle Fireは、Amazonが大幅にカスタマイズしたAndroidを実行している。

 米CNETはAmazonの関係者にコメントを求めたが、今のところ得られていない。

 アプリ内課金は、モバイルビジネスにおいて、小さいながらも急成長している1部門だ。多くのアプリは、最初は無料で提供されるが、アプリ内で購入できるバーチャルグッズ、追加機能、登録サービスなどを提供する。こうしたアプリの手法は、フリーミアム(フリーとプレミアムを合わせた造語)として知られるビジネスモデルの一例だ。

 アプリの売り上げに占める手数料と同様に、アプリ内課金からの売り上げもAmazonが30%を取る計画だと、SkimbleはBloombergに語っている。Skimbleはまた、試験運用は今なお初期段階だと述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集