logo

Googleサジェストの表示差し止め、東京地裁が命令--就職取り消しなどの被害

藤井涼 (編集部)2012年03月26日 14時23分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Google検索の「サジェスト機能」によってプライバシーを侵害されたとして、日本人男性が米Googleに表示差し止めを求める仮処分を申請し、東京地裁が19日付でこれを認めたことが明らかになった。

 サジェスト機能とは、Googleでキーワードを入力している途中に、そのキーワードに関連するワードを自動予測して表示する機能。男性は実名を入力すると、犯罪を連想させるキーワードがサジェスト機能で表示され、さらに男性の身に覚えのない中傷記事へとたどりつくとしている。またサジェスト機能によって、就職の内定を取り消されるなどの被害を受けたという。

 グーグル日本法人に取材したところ、担当者が不在ですぐには回答を得られなかった。


「Google」のサジェスト機能

-PR-企画特集