logo

新しい「iPad」が「iPad 3」ではない理由--シンプルな名称を採用した狙いを探る - (page 2)

Roger Cheng (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2012年03月13日 07時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 もちろん、当初はいくらかの混乱を招くかもしれない。消費者が店舗を訪れて注文するのは「iPad 3」なのか、それとも新しいiPadなのだろうか。また、iPad 2を見て、それは単なるiPadよりも優れた製品だと判断してしまわないだろうか。

 しかし、そうした混乱はすぐに収まる公算が大きい、と業界ウオッチャーらは話す。店員は製品の相違点を指摘するだけの知識を持ち合わせている。また、陳列スペースの大部分と関心の大半は新型iPadに向けられ、iPad 2は目立つ位置には展示されなくなる可能性が高い。

 初代iPadの名称にも当初はいくらかの反発があり、女性用衛生製品のようだと揶揄された。「iPhone」という名称でさえ、すぐに人々に感銘を与えたわけではない。Appleが最初にiPhoneを発表したとき、その製品名はCisco Systemsの不格好な製品を連想させた(Appleはその後、iPhoneという製品名の使用に関してCiscoと契約を締結している)。

 最終的にもたらされる利益は膨大なものになるだろう。AppleのiPodはMP3プレーヤー市場を支配し、人々はMP3プレーヤーという名称を使わずに、iPodをデジタル音楽プレーヤーの総称として使うまでになった。

 「『Zune』やMP3プレーヤーで音楽を聴いている、と話す人はいないはずだ」とPassikoff氏は述べる。

 とはいえ、全米家電協会(CEA)によると、MP3プレーヤー市場はピーク時の2007年で約60億ドル程度の規模だったという。かなりの金額ではあるが、タブレットが持つ、大衆への潜在的なアピールを考えれば見劣りする。Forrester Researchは、2016年までに米国と欧州の全成人の3分の1がタブレットを所有するようになると予測している。

 これほど多くの競合他社がタブレットを市場に出そうとする中で、Appleはおそらく、MP3の歴史を再現するよう取り組みを強化したいと考えたのだろう。今回はさらに多くのことがかかっている。MP3市場はAppleにとって良いビジネスだったが、タブレット事業は同社の将来を意味している。急成長しているこの分野でリーダーの地位を確保することは、MacBookやiPhone事業の継続的な成功よりも重要なことかもしれない。

 「ブランド、そしてカテゴリとの関連という点について言えば、新しいiPadをiPadと呼ぶのは非常に効果的だ」(Passikoff氏)

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]