logo

[ウェブサービスレビュー]自宅とスマホのネット接続速度を比較できる「SPEEDTEST.NET」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Ookla
内容:「SPEEDTEST.NET」は、サイトに接続してワンクリックするだけで、ネットへのアクセス速度を測定できるサービスだ。スマートフォン用にもほぼ同じインターフェースのプラットフォームが用意されているので、自宅回線とスマホの速度差などをチェックするにはもってこいだ。

 「SPEEDTEST.NET」は、ネットへのアクセス速度を測定するためのサービスだ。サイトに接続してワンクリックするだけで、いま自分が利用しているネット接続回線のクオリティを手軽にチェックできる。

 測定できるのはアップロードとダウンロードそれぞれの速度、それとPING値の3つ。サイトにアクセスすると、まず最寄りのサーバを探し、続いてPING→ダウンロード→アップロードの順でテストが行われる。測定の様子はスピードメーターに見立てたアニメーションで表示されるので、いま何が行われているか分かりやすい。

  • 「SPEEDTEST.NET」トップページ。まず「BEGIN TEST」を押して最寄りのサーバを探す

  • まずPINGのテスト。国内にあるいくつかのサーバが測定先として用いられるようで、利用環境ごとに異なるアクセス先が表示される場合があった

  • 続いて下り方向の測定が行われる。スピードメーターに見立てたアニメーションで表示される

 テストが完了すると結果が表示される。過去の測定結果との比較も行えるので、同一回線での速度の変遷や、別のアクセス環境との速度差も一目瞭然だ。データが疑わしい場合は、接続先のサーバを変更して再テストを行うこともできる。測定結果をTwitterやFacebookでシェアするなど、今風の機能も備えている。

 このサービスのメリットは、スマートフォン(iOS/Android)用にもプラットフォームが用意されており、ほぼ同じインターフェースを用いて回線速度を比較できることだ。昨今では家庭用の光回線やADSLといった固定回線以外に、3GやWiMAXなどさまざまな回線があるが、それぞれ別の方法で回線速度のテストを行うと、まったく違う値が出ることも少なくない。しかし、このサービスであれば同じプラットフォームということで、信頼性はかなり高いと考えられる。

 現在は自宅はもちろん、職場やモバイル環境など、1日のうちにさまざまな場所からネットへアクセスすることも珍しくない。なかにはマンションでの共有回線など、利用状況によってはスループットの著しい低下が見られることも多い。このサービスで、それぞれの環境でのアクセス速度をチェックしておけば、回線ごとの速度差はもちろんのこと、特定の回線のクオリティを把握するのにも役立つだろう。

  • 最後に上り方向の測定が行われる。今回はWiMAX回線を使用してテストを行ったため、固定回線に比べると速度はやや遅め

  • 結果表示。データが疑わしい場合は、接続先のサーバを変更して再テストを行うこともできる

  • 過去のデータとの比較。測定先サーバや日付などの条件で絞り込むことも可能

  • 測定結果をTwitterやFacebookでシェアする機能も備える

  • スマートフォン(iOS/Android)も同様のインターフェースで利用できる

-PR-企画特集