logo

ITプロダクトの立ち上げを支援--新レーベル「Cross Jam」

藤井涼 (編集部)2012年03月02日 18時43分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブラビオは3月2日、クラウド系ビジネスのプロダクトおよびマーケティング活動を支援するレーベル「Cross Jam」を立ち上げたと発表した。第1弾として、同日にサイボウズスタートアップスが開始したクラウドタスク管理サービス「ToDous」を共同プロデュースしている。

 ブラビオでは、数多くのITサービスがリリースされる一方で、短期で黒字化できるサービスが少ない現状があることから、「これらのサービスが手薄になりがちな『より受け入れられるプロダクトデザイン』や『プロモーション』など、クラウドサービスのリリースにとって最も重要である総合的なプロデュースを行う」としている。

 サイボウズでグループウェア「サイボウズ ガルーン」のスタートアップに携わり、現在Cross Jamのプロダクトデザイナーを担当するブラビオ取締役COOの町田拓也氏は、「日本のIT業界は他の業界と比べると遅れている。Cross Jamではそこを壊していきたい。本来、Cross Jamとサイボウズスタートアップスは競合しているが、シンパシーを感じるところがあれば、企業の枠に捕らわれずサービスを楽しくしていきたい」と意気込みを語る。

 今後は、3月にプロジェクト管理のクラウドサービス「ブラビオ・プロジェクト 2.0」を提供するほか、4月にはウェブプロデューサー向けのモップアップ作成ツールを、7月には中小企業向けの「かんたんワークフロー」サービスを提供する予定としている。

-PR-企画特集