logo

「Android」タブレットで「Windows 7」が利用可能に--OnLive、アプリをリリース

Donald Bell (Special to CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2012年03月02日 12時58分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 OnLiveの「OnLive Desktop Plus」サービスは、タブレットを仮想「Windows 7」PCに変える。OnLiveは、このアプリベースのサービスを先週「iPad」向けにリリースしたのに続き、米国時間3月1日には「Android」タブレットに対応させた

 Desktop Plusのアプリは無料でダウンロードできるが、サービスは月額4.99ドルだ。ユーザーは、OnLiveのサーバにリモートでホストされる完全なWindows 7デスクトップにアクセスできる。また、2Gバイトのクラウドストレージも提供され、仮想化されたWindows 7コンピュータで作成した文書のバックアップに利用できる。

 プレインストールされているアプリケーションには、Microsoftの「Word」「Excel」「PowerPoint」や「Adobe Reader」などがある。「Adobe Flash Player」もインストールされているため、Flashビデオやゲームを含めた、デスクトップPCと同じブラウジング体験が可能だ。

OnLiveのDesktop Plusアプリを使うと、月額利用料を支払うことでAndroidタブレット上においてWindows 7が使えるようになる。OnLiveのDesktop Plusアプリを使うと、月額利用料を支払うことでAndroidタブレット上においてWindows 7が使えるようになる。
提供:OnLive

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集