logo

AMD、マイクロサーバベンダーSeaMicroを買収へ

Brooke Crothers (Special to CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2012年03月01日 16時44分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Advanced Micro Devices(AMD)は、マイクロサーバ市場でIntelに対抗するため、サーバベンダーのSeaMicroを買収する。

 AMDによると、同社は、エネルギー効率に優れたマイクロサーバを手がけるSeaMicroを約3億3400万ドルで買収する契約を正式に締結したという。

 これまで、SeaMicroのサーバはIntelの「Atom」および「Xeon」プロセッサを使用してきた。将来の計画では、SeaMicroがAMDの「Opteron」チップを使ってサーバを構築することを予告している。

 AMDは声明で、「AMDでは、AMDとSeaMicroのテクノロジを統合した最初のAMD Opteronプロセッサベースのソリューションを2012年後半に提供する計画がある。弊社は今後も伝統的なサーバ事業に堅実に取り組み、この分野への注力と投資を続けていくつもりだ」と述べた。

 SeaMicroの革新には、何千ものプロセッサコアやメモリ、ストレージ、I/Oトラフィックを接続するスーパーコンピュータ型ファブリックが含まれる。SeaMicroのファブリックは複数のプロセッサ命令セットをサポートする。

 SeaMicroの最高経営責任者(CEO)で、AMDに新設されるデータセンターサーバソリューション事業のゼネラルマネージャーに就任予定のAndrew Feldman氏は、「SeaMicroは、サーバの消費電力を劇的に削減し、同時にコンピュート密度および帯域幅を向上させるために創設された」と述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集