logo

透明ディスプレイを備えた3Dデスクトップ--マイクロソフトがプロジェクト公開

Christopher MacManus (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年02月29日 12時53分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoft Applied Sciencesによる、インタラクティブで透明な新しいOLED(有機ELディスプレイ)に比べると、今の私たちのコンピュータの使い方は時代遅れのように思える。

 MIT Media Labの博士課程の学生で、Microsoftの研究実習生であるJinha Lee氏は、Cati Boulanger氏(同社の研究者)とともに、さらなる進化への足掛かりになるような新しいタイプのコンピュータのプロジェクトに取り組んできた。Lee氏は彼の個人ブログで、透過型の3Dデスクトップについてのより詳細な内容を説明している。

 一見、キーボードをタイプする手が画面の背後にあるように見える。しかし、画面は実際は透明なOLED(Samsung製)で、3Dで手振りをコントロールできるコンピュータを内蔵している。また、様々なアプリケーションを素早く動かすことができ、「Johnny Mnemonic」や「Tron」 、(そして言うまでもなく「Minority Report」も)を組み合わせたかのような方法でウィンドウを開くことができる。カメラはまた、深さの感覚や正確な視覚を表示するために、頭の動きもキャプチャする。

 当プロジェクトは、ワシントン州のレドモンドで開催された「Microsoft TechForum 2012」で公開された。


Microsoftは、「透過型のOLEDディスプレイが、視覚を捕らえて深さを補正しながら、画面上のオブジェクトを操作しているところ」を披露している。
提供:Microsoft

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集