logo

予定変更が多いビジネスパーソンへ--入力しやすいカレンダーアプリ「Calendr」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Calendrは、シンプルですっきりとした画面と予定の変更のしやすさが特長のカレンダーアプリだ。iPhoneの標準カレンダーと連携する。カレンダービューには、月、日、週の3種類があり、画面下部のアイコンをタップすれば簡単に切り替えられる。「Today」をタップするだけで当日にジャンプする。見たい画面に瞬時に切り替わるのが気持ちのいいアプリだ。

  • 予定を週間表示できる数少ないアプリの内の1つ。ポートレートモードにのみ対応。左右にスワイプすると、週を移動できる

 画面下部、中央にある3つのアイコンは、左から月表示、日表示、週表示となっている。月表示では、その日の予定をタップすると予定の詳細が表示される。デフォルトでは、カレンダーの表示が大きいので、iPhoneの「設定」>「Calendr」で「Compact Month」をオンにしておくと、カレンダーがコンパクトになり、画面下部に一度に表示される予定の数が増える。「Week starts on Monday」をオンにすれば、カレンダーを月曜始まりに変更することも可能だ。

 日表示では、1日の予定の埋まり具合と予定の詳細が一度に見られるため、1日の様子を把握しやすい。さらに、週表示では、1週間分の予定を俯瞰できるので、空き時間が一目で分かる。

  • 月表示。画面の上部にカレンダーが表示され、選択中の日付の予定が、リスト形式で画面下部に表示される

  • 日表示。画面の右端に1日の予定を色で見られるバーが表示され、現在時刻には赤線が表示される

  • 予定の入力画面。日付または時刻を長押しすると、スライダーが表示される

 予定の変更や修正の仕方が面白い。日付や時刻の数字を直接入力せずに、スライダーで指定するのだ。予定の入力画面で、変更する日付や時刻の数字を長押しすると、スライダーが表示される。そのまま上下に指をスライドさせて決定する。これは、慣れると片手での入力がやりやすい。なるべくキーボードから入力をしなくて済む作りになっており、よく考えられている。

 予定を簡単に共有できるのも特長だ。予定を受け取った相手はこのカレンダーを自分のカレンダーにインポートすれば予定の作成が簡単にできる。ミーティングの予定が確定した時などに使うと便利だ。

 一週間表示が見られるのは便利なのだが、ポートレートモードでしか見られないため、1日分が細長く、ぎゅっと詰まった感じがするので、ランドスケープモードでも見られるともっと見やすいのではないかと思う。しかし、動作が速く予定の入力や変更を素早くできる点でとても優れているので、予定の変更が多いビジネスパーソンに向いているカレンダーと言える。

  • スライダーを上下させて、日付や時刻を指定する。日付を指定すれば、曜日は自動的に入力される

  • 1件の予定を表示させた状態で、画面下部の「Share」ボタンをタップすると、iCal形式のファイルーが添付されたメールが作成される

  • 予定の検索も可能。ただし、3文字以上を入力しないと検索されない。また、どこまで遡って検索するか、iPhoneの「設定」>「Calendr」>「Search」>「Range」で選択できる

>>Calendr - the smart Calendarのダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

iPhoneの記事一覧はこちら

-PR-企画特集