logo

モバキッズ、個人間で知識を売買できる「Synapse」公開

岩本有平 (編集部)2012年02月24日 12時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 モバキッズは2月24日、知識や情報、ノウハウなどの各種コンテンツを販売できるCtoCマーケットプレイス「Synapse」を公開した。

 Synapseは、テキストや動画、音声といったファイルやリンクなどの販売ページを作成できるサービス。同社では、「会員登録から販売開始までわずか60秒」とサービスの手軽さをうたっている。

 販売できるのは、テキスト(HTMLも可)、動画(250Mバイトまで。審査あり)、ファイル(2Mバイトまで)、URLとなる。

 販売されるコンテンツは、本棚風のインターフェース上に並べなられて表示される。販売者、購入者ともに、FacebookもしくはTwitterでのログインが必須となる。また、購入者以外にコンテンツへのアクセスを規制。不正利用を防ぐ。販売者はソーシャルメディアを使ってコンテンツをアップロードした旨を友人らに告知することもできる。

 また、スタッフがコンテンツの特集やタイアップなどを継続的に用意。動画撮影サポートやチャットによる個別相談なども積極的に実施するとしている。

 販売登録料は無料。コンテンツ販売額の20%が手数料となる。決済にはPaypalを利用するが、今後は決済手段を拡大するほか、月額課金制などの仕組みを導入するとしている。

-PR-企画特集