logo

iPhoneが売れない国、iPhoneを売れない国--三国大洋のスクラップブック

ZDNet Japan Staff2012年03月09日 12時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[ ラウンドアップ ]

深刻な財政危機にあるギリシャ、デフォルトから復活したアルゼンチン。この両国の共通点は?——答えは「アップルがスマートフォンで苦戦している市場」です。アップルと世界の関係を紐解くZDNet Japanの連載「三国大洋のスクラップブック」。
  • iPhoneが売れない国、iPhoneを売れない国

    経済危機に陥っているギリシャ。デフォルトから回復したアルゼンチン。両国の共通点は「アップルがスマートフォン市場で苦戦している市場」だ。

    2012/03/05 14:14

  • アップル幹部のスコット・フォーストル氏に注目すべき理由

    「将来のジョブズ二世」たることを周囲から期待され、本人もその野望をなかば隠そうとしないやり手の幹部がいる。iOSを取り仕切るスコット・フォーストル氏だ。

    2012/03/01 17:37

  • アップルが悪役になる日

    アップル決算とオバマ大統領の年頭教書演説をはさんで、ニューヨーク・タイムズが「iEconomy」と題した特集を掲載した。グローバル化と高度資本主義の「負」の側面を象徴する存在として、アップルに注目している。

    2012/02/10 16:41

  • アップル対アップル

    スティーブ・ジョブズは「いちど国外に流れた雇用はもう戻ってこない」と述べるも、オバマ大統領には「中国にあるアップル製品製造の仕事の一部を、将来米国内にもってくることは可能」と話していた。アップルの今を追う連載第2弾。

    2012/02/15 14:14

  • ジョブズの影を踏むオバマ大統領

    オバマ大統領は年頭教書演説で最大の争点を「雇用」とした。雇用問題の打開策にスティーブ・ジョブズの影が色濃く見える。

    2012/02/17 15:58

  • アップルが米大統領選で「政争の材料」に

    再選を目指すオバマ大統領が打ち出した法人税改革案をめぐって、米国では経済界を巻き込んだ激論が交わされている。一方アップルは共和党の候補者争いで「政争の材料」になった感さえある。

    2012/02/24 16:14

-PR-企画特集