logo

転送速度と受信感度を向上させたTransferJet規格対応LSIを商品化

加納恵 (編集部)2012年02月23日 13時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは2月23日、350Mbpsの転送速度と受信感度を向上させた「TransferJet」規格対応のLSIを商品化した。スマートフォンなどのモバイル機器向けに展開していくという。出荷時期は8月。サンプル価格は500円になる。

  • TransferJet規格対応LSIの「CXD3271GW」

 商品化されたのはTransferJet対応LSIの「CXD3271GW」。転送速度が理論上の最高実効速度375Mbpsに迫る350Mbps以上に高速化されたほか、広帯域RF-CMOS技術により、規格値-71dBmを上回る受信感度-82dBm(Rate65受信時)を実現したとのこと。

 従来外付け部品であった、RFバラン、送受信RFスイッチなどをLSIに内蔵したことで、搭載機器の部品点数や実装面積が削減され、小型化にも結びついたという。また、従来モデル比で34%の低消費電力化も実現した。

 あわせて、Android版ソフトウェアディベロップメントキットの提供も開始し、Android機器への搭載を容易にしていくことも明らかにしている。

 TransferJetは、デジタルカメラやパソコンなどの機器同士を近づけるだけで、写真や動画などを高速に転送、共有できるという機能。現在デジタルカメラなどに採用されている。

-PR-企画特集