logo

シャープ、70V型「AQUOSクアトロン」を50万円台で発表

加納恵 (編集部)2012年02月14日 19時39分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは2月14日、液晶テレビ「AQUOSクアトロン」シリーズに70V型モデル「LC-70Q7」を追加した。70V型モデルの第2弾となり、大型ゾーンのラインアップ強化を図る。発売は3月10日。店頭想定価格は55万円前後になる。

  • 「LC-70Q7」

 LC-70Q7は、32V型液晶テレビの4倍以上の画面サイズながら、シャープ製60V型モデルと同等の省エネ性能を実現したとしている。

 液晶パネルには赤、緑、青の3原色に黄色を加えて表示する「4原色技術」を採用。バックライトにはLEDを採用し、高開口率のUV2A技術、画面の明るさを自動調整する「明るさセンサー」、部屋の照明が消えるとテレビの電源が自動的にオフになる「照明オフ連動」などとあわせ、年間消費電力量174kWhという省エネを実現した。

 地上、BS、110度CSデジタルチューナを2基搭載し、USB HDDへの裏番組録画に対応。インターネットの動画の視聴や別室のデジタルレコーダー「AQUOSブルーレイ」に録画した番組を見られるホームネットワーク機能も備える。

 ディスプレイ部のサイズは高さ97.5cm×幅161.3cm×奥行き8.9cmで、重量は約39.5kg。推奨視聴距離は約2.6mとのことだ。シャープでは9月に、3D対応の70V型液晶テレビ「LC-70X5」を発売している。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集