logo

燃え尽き症候群に陥らないために--ITプロフェッショナルが避けるべき10の行動 - (page 3)

Scott Lowe (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子2012年02月07日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

#7:趣味の時間を削る

 筆者はIT業界に入る前から、コンピュータ関係を趣味にしていた。しかし、この業界で仕事を続けていくうえで、ITとは関係のない趣味を持った方がよいのではないかと考えることもある。現在の筆者の肩書きはIT幹部であるが、ガジェットが大好きなため、折りを見つけてはガジェットと戯れている。筆者が記事を執筆しているのは、こういった理由もあるからなのだ。つまり、新たな知識を身に付け、クールな新製品を試す機会が得られるというわけである。読者の方も、好きなことを見つけ、そのための時間を捻出するようにしてほしい!筆者はこの前のクリスマスに、我が家を訪れた両親からラジコンヘリコプターをプレゼントされた。このヘリコプターは本当にクールで素晴らしいものであるため、新たな趣味にしようかと考えているところだ。

#8:独力で行う

 最高情報責任者(CIO)という仕事は、時として極めて孤独なものに感じられるはずだ。社内の多くの人々はCIOの職務内容を理解しておらず、CIOは自らの意思だけで采配を振るわなければならない場合もしばしばある。とは言うものの、孤独感に苛まれないようにしながら、仕事をやりやすくする方法も数多くある。ここでは、そのいくつかを紹介する。

  • 信頼できる同僚を見つけ、友人になる。こういった相手としては、組織で同レベルの地位に就いている人物か、異なる指揮系統に属している人物がよいだろう。
  • あなたが興味を持っているものごとに関する地元ユーザーグループの集まりに参加する。
  • 可能であれば、同様の組織で働く人々のネットワークを見つけ、ともに活動する(こういったネットワークは教育関係の職場ではよく見かけるものの、他の業界では難しいかもしれない)。
  • 必要に応じてコンサルタントの力を借りる。何もかも「独力で」行う必要はないのである。

 何はともあれ、ここで挙げているような人々と交流することで、ポジティブな方向へと向かうことができるはずだ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]