logo

ソニー、データをワイヤレスで共有TransferJet&Wi-Fi内蔵の「サイバーショット」

加納恵 (編集部)2012年01月30日 13時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは1月30日、有効1820万画素のExmor R CMOSセンサを搭載したデジタルカメラ「サイバーショット DSC-TX300V」(TX300V)を発表した。5mの防水性能を備え、機器を直接かざすことでデータを転送できる「TransferJet」機能を内蔵する。発売は3月9日。店頭想定価格は5万円前後になる。

 新開発の有効1820万画素のExmor R CMOSセンサと、画像処理エンジン「BIONZ(ビオンズ)」を搭載することで、暗所撮影を強化。従来3200まで対応だったISO感度を、「プレミアムおまかせオート」撮影時に1万2800まで実現することで、夜景や寝顔などの撮影に対応する。

 暗所撮影時に発生するノイズには、重ねあわせ技術や全画素超解像といった独自技術を採用することで、低減することに成功。1800万画素のままノイズを通常の6分の1にまで減らせるとしている。

 明るいところで最速約0.1秒、暗いところでも最速約0.2秒の高速AFを備え、操作性も向上させた。

  • 「DSC-TX300V」

  • 3.3型のタッチパネル有機ELモニタを備える

 従来対応のメモリースティックを挿入していないと使用できなかった近距離無線転送技術TransferJetは、TX300Vではじめて内蔵機能として登場した。対応クレードルの「マルチステーション」を付属し、USB経由でPCなどに接続すればカメラを置くだけで撮影画像のデータをカメラからPCに転送できる。

 本体にはWi-Fi機能も備え、スマートフォンやPCとのワイヤレス連携も実現。Wi-Fi、TransferJetと2つのワイヤレス転送を使い分けられるという。

 PCへのワイヤレス転送は静止画、動画に対応するが、スマートフォンへは、ファイル容量の制限から静止画のみの転送になるとのこと。また転送されるファイルもVGAまたは2Mバイトにリサイズされるとしている。

 付属クレードルはワイヤレス充電にも対応し、カメラ本体を置くだけで充電もできる。ワイヤレス充電には独自規格を採用しており、採用するのは今回が初。充電時にはクレードルとカメラの向きをあわせる必要がある。

 水深5mで60分までの撮影ができるIPX8相当の防水性能を備えるほか、防塵、耐低温性能を備えたタフネス設計。水中スイングパノラマ撮影は3D静止画などの撮影機能も内蔵する。

 サイズは高さ58.3mm×幅95.5mm×奥行き16.0mmで、重量約134g(バッテリ、メモリカード込み)。記録メディアはメモリースティックマイクロとmicroSDカードに対応する。

  • 近距離無線転送技術TransferJetを内蔵

  • Wi-Fi機能も備え、スマートフォンなどにデータ転送ができる

  • データ転送時は1枚のみ、この日の画像すべて、カメラ内の画像すべてから選べる

-PR-企画特集