logo

マクセル、Qi規格対応のワイヤレス充電スタンドを発表

加納恵 (編集部)2012年01月23日 12時55分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立マクセルは、電磁誘導方式のワイヤレス給電規格である、「Qi(チー)」方式を採用したスタンド型ワイヤレス充電器「エアボルテージ ワイヤレス充電スタンドWP-QIST10」を発表した。Qi規格対応の受電スリーブや充電池ケースなどをワイヤレスで充電できる。発売はブラックモデル「WP-QIST10BK」が1月25日、ホワイトモデル「WP-QIST10WH」が3月初旬となる。店頭想定価格は5480円前後。

  • 「WP-QIST10BK/WH」

 充電スタンドは高さ115mm×幅77mm×奥行き111mmの省スペースタイプで、スタンド型にすることで設置面積の省スペース化を実現。タテ置き、ヨコ置きどちらでも充電ができ、使いながらの充電にも対応する。

 電源はACアダプタから供給し、複数のコイルをレイアウトしたコイルアレイ方式を採用。厳密な位置合わせをする必要がないため、充電する機器を置く位置の自由度を向上させたとしている。

 日立マクセルでは、Qi規格に対応したiPhone 4用ワイヤレス充電システム「エアボルテージ」を2011年4月に発売。11月にはQi規格とは異なる電界結合方式を採用したiPad用ワイヤレス充電器「エアボルテージ for iPad 2 WP-CP10A」をリリースするなど、ワイヤレス充電器を業界に先駆けて発表している。

 

-PR-企画特集