logo

The Huffington Post、Twitterアカウントでハッキング被害か

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫2012年01月16日 12時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 The Huffington PostのTwitterアカウントが米国時間1月15日の午前中にハッキングされたようだ。

 午前11時前、Huffington Postの記事を紹介する通常のツイートに混じって、人種差別的コメントや同性愛嫌悪のコメントが投稿された。

 15日午前にHuffington Postにコメントを求めたが、回答は得られなかった。しかし、ハッキングについては把握しているらしく、問題の投稿は同サイトのTwitterページから速やかに削除された。ただし、同サイトの会員が使っているサードパーティ製のTwitterクライアントではまだ表示されている。

 Twitterハッキングは厄介な事態だが、今までになかった話ではない。近いところでは、Appleの共同創設者であるSteve Wozniak氏や俳優のAshton Kutcher氏らも被害に遭っている。2011年9月には、NBC NewsのTwitterアカウントがハッキングされ、グラウンドゼロが攻撃されたという虚偽のニュースが投稿されたことについて、「Script Kiddies」というグループが自らの行いであることを認める声明を出した。7月には、Fox NewsのTwitterフィードがハッキングされ、Barack Obama大統領が暗殺されたという偽の報道が投稿された。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集