logo

シャープ、80V型タッチディスプレイ「BIG PAD」を発表--教育現場やオフィス向けに

加納恵 (編集部)2012年01月10日 17時56分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは1月10日、電子黒板やテレビ会議用ディスプレイとして使う業務用の80V型タッチディスプレイ「BIG PAD PN-L802B」を発表した。専用ペンによる画面への直接書き込みやデュアルタッチ操作による画面の拡大、縮小などに対応する。発売は1月31日。価格はオープンだが、1台150万円程度を見込む。

  • ビジネスソリューション事業統轄兼ドキュメントソリューション事業本部長の中山藤一氏による製品説明は「BIG PAD」を用いて実施された

 シャープ常務執行役員ビジネスソリューション事業統轄兼ドキュメントソリューション事業本部長の中山藤一氏は「シャープは1912年に創立し、2012年で創業100周年を迎える。創業当初の1915年に文房具シャープペンシルを発明したが、100周年目となる2012年はオフィス空間で使う新しい文房具『BIG PAD』を提供したい」と話した。

  • 「BIG PAD PN-L802B」

 すでに60V型の「PN-L602B」、70V型の「PN-L702B」を発売しており、今回のモデルが3台目。BIG PAD(ビッグパッド)と名付け、ビジネス向けのプロジェクタなどからの買い替えを狙う。

  • 専用タッチペンは1台につき1本同梱される

 PN-L802Bは、1920×1080ピクセルの解像度を持つ液晶パネルを採用。バックライトには直下型のLEDを使用することで、260Wという低消費電力を実現したとしている。

  • ディスプレイ上に付箋のようにメモを貼り付けておくこともできる

 タッチパネルは赤外線カメラ方式で、タッチ操作や専用ペンでの書き込み時にはアナログのホワイトボードのような書き味にこだわったとのこと。ペン先を検出してから描画するまでの時間を短くし、ストレスなく使えるようにした。

 HDMI、PC入力、LAN端子などの端子を設け、ネット接続も可能。PCやシャープ製タブレット端末などと連携させることで、クラウド上に保管している共有文書を映し出すことや、資料に加筆修正して保存できるとしている。またシャープ製デジタル複合機と連携させれば、スキャンした紙資料をすぐに画面表示できるほか、書き込み内容をそのままプリントアウトすることも可能だ。

 本体サイズは高さ1157mm×幅1880mm×奥行き135mmで、重量は現在未定。ディスプレイのほか、タッチペン、イレーザー、トレーなどが付属する。あわせてコンポーネント端子やS映像入力などを備えたインターフェース拡張ボード「PN-ZB01」、タッチアプリボタン「PN-ZC01」、壁掛け金具「PN-AK601」、フロアスタンド「PN-ZS80F/ZS701/ZS609」などのオプションも用意されている。

 「BIG PADは名前の通り、大きなポテンシャルを持つ製品。60~80V型まであわせて、まずは10万台の市場を確保し、早期に100万台の売上を目指す」(中山氏)と市場目標を話した。

 BIG PADは、1月31日の日本発売を皮切りに順次世界で展開していく予定。米国では「AQUOS Board」のネーミングで発売される。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集