ドコモメール不具合は1万8698人に影響--他人のアドレスに置き換え

藤井涼 (編集部)2011年12月27日 15時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは12月27日、メールサービス「spモード」の不具合による顧客への影響を発表した。この不具合は、12月20日に発生したspモードサーバでの輻輳をきっかけに、spモードサーバにおける電話番号とIPアドレスの関連付けにアンマッチが発生。spモードサービスを利用する一部の顧客のメールアドレスが、別のメールアドレスに置き換えられるなどの事象が発生したもの。

 不具合によって影響を受けた顧客の人数は1万8698人でその内訳は以下の通り(「発生した事象のイメージ」の画像も参照)。

  • メールアドレスが別のアドレスに置き換えられた顧客(A):6878人
  • 顧客(A)から受信したメールの送信者欄に別のアドレスが表示された顧客(B):2909人
  • 顧客(A)のメールアドレスに置き換えられた顧客(C):6894人
  • 顧客(C)が圏外や電源断などでメールを受信できない間に、顧客(C)宛に送信したメールの一部を、顧客(A)に受信された顧客(D):2017人
  • 発生した事象のイメージ

 なお顧客(A)のうち、メールを送受信しておらずメールアドレスの置き換えのみだった顧客が6878人中4097人。顧客(C)のうち、同じくメールアドレスの置き換えのみだった顧客が6894人中4110人となる。

 ドコモでは、12月20日18時頃までに同事象は解消しており、念のため実施していたパケット交換機のリセット作業についても12月22日の1時頃にすべて完了したとしている。また、不具合にともない一時的に停止していた21のspモードサービスについては、「電話帳バックアップ」を除くすべてのサービスが12月22日14時頃に再開。電話帳バックアップは12月26日正午頃に再開したとしている。

 同社ではサービスの一時停止にともない、月額使用料が発生する「ドコモ ドライブネット」「イマドコサーチ」の一時停止した期間を算出し、対象者に日割分にあたる金額を返還するとしている。また、新たに同件に関する専用コールセンターを設置した。電話番号は0120-152-770(携帯電話・PHSも可)、開設期間は12月27日~2012年1月31日で、受付時間は9時~20時となる。

◇NTTドコモの障害・不具合
ドコモ、spモード不具合を受け対策本部を設置--トラフィック増に対応
ドコモ不具合“完全回復”はまだ--交換機はリセット完了
NTTドコモの不具合は22日昼に完全回復へ--「スマホ急増で能力十分でなかった」
ドコモ障害で今後の携帯電話業界どうなる?
ドコモ「spモード」不具合の影響は10万契約--メールサービスの一部停止
ドコモ、「spモード」で他人のアドレスに送信される不具合

  • このエントリーをはてなブックマークに追加