ドコモ、spモード不具合を受け対策本部を設置--トラフィック増に対応

藤井涼 (編集部)2011年12月26日 16時01分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは12月26日、12月20日に発生したメールサービス「spモード」の不具合を受け、12月25日付で「ネットワーク基盤高度化対策本部」を設置したと発表した。同代表取締役社長の山田隆持氏を本部長とした38名によって構成される。

 新設された対策本部では、今後のネットワークの安定的な運用や処理能力の向上などを全社横断的に検討・実現するとしている。同社が掲げる主なポイントは以下の通り。

  • スマートフォン増大に伴うトラフィック増への対応
  • 常時のバーストトラフィックへの対処
  • ネットワーク装置、spモードサーバなど、端末の連携強化
  • ネットワーク装置、spモードサーバなどの処理能力の再検証
  • ネットワーク関連処理手順の再検証
  • 通信障害時の端末からの再接続要求に対する処理の平準化

各社のスマートフォントラフィック対策

◇NTTドコモの障害・不具合
ドコモ不具合“完全回復”はまだ--交換機はリセット完了
NTTドコモの不具合は22日昼に完全回復へ--「スマホ急増で能力十分でなかった」
ドコモ障害で今後の携帯電話業界どうなる?
ドコモ「spモード」不具合の影響は10万契約--メールサービスの一部停止
ドコモ、「spモード」で他人のアドレスに送信される不具合

  • このエントリーをはてなブックマークに追加