logo

パイオニア、テレビの音を手元で聞ける「快テレ君」にホワイトモデル

加納恵 (編集部)2011年12月20日 18時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パイオニアは、離れた場所でもテレビの音がはっきりと聞こえるワイヤレスステレオスピーカシステム「快テレ君」にホワイトモデル「VMS-700-W」を追加した。1月下旬から発売する。店頭想定価格は2万円前後になる。

  • 「快テレ君」ホワイトモデル

 快テレ君は、送信機と受信機から構成されるワイヤレススピーカ。2.4GHzデジタル無線伝送方式を採用し、テレビの音声をスピーカに伝送するため、手元のスピーカから鮮明な音声を聞くことができる。

 スピーカ部は高さ78mm×幅190mm×奥行き90.5mmで、重量は約660g。ニッケル水素電池を内蔵し、約13時間の連続使用が可能だ。

 快テレ君は5月にブラックモデルの「VMS-700-K」が発売されており、新製品の登場で2色展開となる。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集