スマホ普及拡大でBluetooth対応機器が販売好調

加納恵 (編集部)2011年12月19日 18時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ジーエフケー マーケティングサービス ジャパン(GfKジャパン)は、家電量販店店頭におけるBluetooth対応機器の販売動向を発表した。スマートフォンやタブレット端末の普及により、対応機器は前年の約1.5倍へと拡大する見込みだ。

  • Bluetooth対応機器 数量構成比

 Bluetooth対応のキーボードとヘッドホンは、2011年1月から11月までの数量前年比で2ケタ増の売上を確保しているとのこと。2011年初と11月の売上構成比を比べると、キーボードは7%から13%、ヘッドホンは4.6%から6%へとアップしている。

 売上増の要因は、スマートフォンやタブレット端末など、Bluetoothを標準装備した機器の市場拡大があげられる。別途レシーバなどを必要とせず、対応周辺機器との無線接続が可能なため、非対応機器に比べ平均単価が2倍以上高いものの、その利便性から販売増につながっていると、GfKジャパンは分析している。

 一方、Bluetooth対応機器に限らず、スマートフォン、タブレット端末関連機器は、ケース、液晶保護シート、バッテリなども市場を拡大しており、11月の対応アクセサリ販売金額は前年同月比の2倍以上になるとのこと。中でもケースは金額構成比でアクセサリ市場の66%を占めているという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加