logo

カジノで大金を当てたはずがソフトウェアエラー--訴訟に発展へ

Chris Matyszczyk (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2011年12月15日 16時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カジノのスロットマシンで4300万ユーロ(およそ5700万ドル)を当てたはずなのに、大当たりはソフトウェアのエラーだったという理由で60ポンド(およそ100ドル)と無料の食事しか提供されなかった男性が、訴訟を計画している。Mail Onlineが報じた。

 オーストリアのブレゲンツでカジノを運営するCasinos Austria AGは、大当たりが出たとされたとき、スロットの目が5つのうち4つしか揃っていなかったと主張している。また、200万ユーロ以上の賞金を禁じた法律にも言及したという。

 一方、プレイをしていたBehar Merlakuさん(26歳)は、「大当たりであることが音などではっきりと分かった。音楽が響き、4300万ユーロほど当たったことがスクリーンに表示された」と言い、携帯電話でそのときの音楽やスクリーンを録画したと、Mail Onlineで述べている。

 Merlakuさんが賞金を要求すると、カジノ側は彼を出入り禁止にしたという。Mail Onlineによると、Merlakuさんの弁護士らは、カジノが責任をスロットマシンメーカーに転嫁し、エラーの責任から逃れようとしたと主張している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

◇話題の記事
2012年のIT潮流を把握する--年末年始の特別記事を一気読み
ミクシィはソーシャルコマース参入の年--mixiタウン構想が本格始動
未来を開く新「はてなサービス」の作り方--危機感を持ちつつチャレンジ
アップル、1月にイベント開催か--中心は出版と「iBooks」の可能性
スマートフォンを守る4つの極意--悪質・不正なアプリを排除する方法
スマホの電池切れから停電時まで対応する--2011年登場のバッテリ集
次にブレイクする13サービス企業--VC、インキュベーターが選出
外見は地味でも、中身はスゴイ--中国トンデモケータイ図鑑
起業家やフリーランサーに新しい働き方を提案する「コワーキングスペース」
松村太郎が選ぶ、仕事効率化&ノマドワーカー向けアプリ10選

-PR-企画特集